乾燥肌を改善するために

乾燥肌を改善するために

私は、中学になったころから顔が油っぽくいつもテカテカしていました。

 

油っぽい体質なので勝手に水分は足りているんだと20歳くらいまで思っていました。

 

ある日、いつもよく出かけている薬局で肌年齢測定を無料で行っていました。

 

乾燥肌の体質 http://francene.jugem.jp/

 

友達がやりたがっていたので一緒に受けることにしましたが、驚きの結果が待っていました。

 

スタッフの方が言いにくそうに「あの、肌年齢は38歳です」と言われました。

 

友達は年相応の21歳だったので喜んでいましたが、私は18歳も実年齢よりも肌年齢が老けてしまっていて、とてもショックでした。

 

スタッフの方に「普段どのように肌のケアをしていますか」と聞かれ、洗顔だけであまり何もしていませんと答えました。

 

「乾燥肌で水分が足りず、肌が悲鳴を上げていて油を出しているので、肌が油っぽくなってテカテカしてしまうんですよ」と言われました。

 

今まで、水分が多いから油が出ると思っていましたが、全く逆で水分が足りずに油が出てしまっていることにとても驚きました。

 

スタッフの方に少しでも乾燥肌が改善できるようにどうすればいいか聞くと、きちんと化粧水や乳液を朝晩することが大切だといわれました。

 

乾燥肌を改善するためにこれからは、毎日きちんと保湿をしようと思います。

乾燥肌にはアロマオイルがお勧め

 

乾燥肌な私はエステサロンで、お家でできるお手入れとしてアロマオイルを勧められました。

 

このアロマオイルはなんにでも良く、入浴の際に乾燥しやすいところに塗って入るといいとお勧めされました。

 

またお風呂に数滴垂らしてバスオイルにすると体が温まって、全体の保湿にもなるということで、購入してみました。

 

アロマオイルが体の疲れている部分にぬると、乳酸を解す効果もあり、なおかつお風呂から出た後に乾燥するのを予防することにもなって一石二鳥でした。

 

お顔の乾燥には化粧水や美容液がありますが、冬はお顔だけでなく手足の乾燥も酷くなります。

 

お風呂から出た後はすぐ寒いので服を着てしまうため、ケアがしにくいのでお風呂の中で乾燥を防ぐケアができると温かい中ですることができます。

 

アロマオイルは実は結構高いため、部分的にしかなかなか使えないので、そんな時は保湿成分がたっぷり入っている入浴剤を併用もしています。

 

エモリカなんかは1本600円程度なので、気楽に仕える保湿成分入りの入浴剤です。

 

固形タイプのものよりも液体タイプのほうが保湿成分に優れている気がします。

 

翌日までお肌がプルプルになっている気がするので安いですが、お気に入りの乾燥肌にいい保湿入浴剤です。

乾燥肌の怖さと対策について

 

乾燥肌をただの乾燥してパサついた肌と甘くみるのは辞めた方が良いです。

 

この乾燥した状態の肌というのは、水分を保てなくなった状態です、水分が保てない肌というのは外からの菌や紫外線等のダメージを防ぐ力が弱く、バリア機能が薄くなっている状態なので、乾燥肌になるとニキビやしわ、しみと色々な肌トラブルが起こりやすくなるんです。

 

乾燥肌を防ぐには、水分を補給する事が重要です、飲み水や食べ物に含まれた水ももちろん必要ですが、顔を洗った後の保湿ケアを徹底しましょう。

 

顔を洗った後につっぱる人やカサカサする方は、保湿力が弱っているので、洗顔後にすぐ保湿化粧水等でパッティングします、それだけではすぐに乾燥に向かっていくので、乳液等をつけて乾燥を防ぐようにしましょう。

 

保湿成分を促す為のサプリメント等を使うのも効果的で、保湿力が弱っている方は内側からも中側からもケアを行いましょう、徹底して保湿していく事で、肌に潤いが戻り、本来のバリア機能が蘇ると、皮脂と水分のバランスが整って肌が強くなってきます。

 

そうなってくれると、肌の生まれ変わりサイクルが狂う事もなく、正常に肌の機能が働き始めるので、肌トラブルに陥る事が少なくなってきます。